師匠は諦めた夢を見た

アナタが思う「オムライス」と、大多数の人が感じている「起業家」は、もしかするとまるっきり違ってるかも。そうやって想像してみると、ちょっと不思議な感じがする。
HOME

喜んで走る彼女と私

鹿児島の年配の主婦の方は、連日、切り花を墓にしているから、そのために、切り花が大量に必要で、花農家もわんさかいる。
夜間、車で爆走していると、菊の栽培の電灯がよく夜間、車で爆走していると、菊の栽培の電灯がよく目撃する。
家屋の明かりはすごく少ないへんぴな所だけれども、しかし、電照菊電灯はよく目に触れる。
菊の為の光源はしきりに目に入っても人の行き来はすごくわずかで街灯の光もたいそうわずかで、危険なので、高校生など、駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

雪の降る仏滅の夜にシャワーを
ある寒い日の夕方、少年はお母さんからお使いをお願いされ、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年は喜んだ。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!やったぁ!…と。
だが、予想だにしない事がその時起きたのである。
なんと、ポッケにあるはずのおつかいのための千円札2枚が、ないのである!
少年はスーパーの支払い所に並ぼうとする時、念のためポケットの中に手を突っ込んで確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことに気が付いたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年は何も持たずに家路につくことにした。
次回から、お金はクツかくつ下に入れることにしよう。
少年はこめかみを押さえながら、そう心に決めた。

風の無い火曜の夕方に立ちっぱなしで

近くに海があるところに自分たちは、家があり暮らしているので、津波を離れて暮らす家族が心配してくれている。
特に震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか海抜が高い場所は周囲に存在するのかとか言ってくる。
自分だって気がかりだけど、しかし、造作なく新しい家も見つかるわけではない。
だけど、しかし、本当に高潮がくるとなってしまった折に逃げるコースを確定しておかないととそう思う、だけど、しかし、湾沿いしか高台へ行く道路がないので、今更ながら、考えたら危ないとわかった。

寒い木曜の深夜に読書を
タリーズでもマックカフェでもいろんな場所で香り高いコーヒーを飲める。
もちろん、飲みたいときにインスタントでも楽しめるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
共通してノースモーキングと言うのが、タバコの嫌いな私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの香りをより楽しめる。
値段もそれなりだが、質のいい豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはピッタリだ。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、つられて甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

寒い水曜の明け方は窓から

私は素肌がそれほど丈夫じゃないので、ちょっとしたことでかぶれる。
それに、ボディーシャワーの肌に残る使い心地が好きじゃない。
しかしながら、冬は非常にしっかり乾燥するので、無添加に近い化粧水を使用する。
これらの製品のガッカリな点は、価格設定がとても高く、なかなか買えないところ。

目を閉じて跳ねる友達と霧
盆だとしても故郷から別れていたらとあまり実感することがないが、最小限、仏前のお菓子くらいはと思い里方へ届けた。
里方に居たら、香を握りしめて先祖の出迎えに出向いて、お盆のしまいに送り届けにおもむくのだが、別れているので、そうすることもない。
隣近所の人達は、香をつかみ墓所におもむいている。
そうした状況が視野にはいってくる。
いつもよりお墓のあたりの道路には多くの車が路駐されていて、人も非常に多く目にとびこむ。

天気の良い平日の午前はビールを

六本木の夜の女性を見ると、素晴らしいと思う。
それは、完璧な見た目、会話の技術、努力を惜しまないところ。
客に完璧に勘違いをさせないで、ビジネスだと分かってもらいながら、太客になってもらう。
たまには、もしかするとこのお姉さん、自分に本気かもしれないと気にしてもらう。
バランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それは置いといて、私は人気のホステスさんたちの給料が凄く気になる。

じめじめした金曜の深夜に立ちっぱなしで
ものすごく甘い食べ物が好みで、スイーツなどをつくります。
普通に泡だて器で混ぜて、焼いて作っていたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで作ってみたら、めっちゃ手軽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるように気を付けている。
砂糖が控えめでもニンジンや野菜の甘味があることによって、笑顔で食べてくれます。
最近は、スイーツ男子という言葉もテレビで言っているから一般的だけれど、しかし、だいぶ昔は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、お菓子をつくる男性がよくいるねと言われたりします。

目を閉じて吠える彼とアスファルトの匂い

ビールなど、お酒のおともに、ぜひ体に良い物を!と考えている。
ここ最近の酒の友は焼いた葱。
その前はサンマ。
で、最近は、ウナギだけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新メニューを発見した。
買い物に行けば100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩を少々ふりかけて味付た物。
とても料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

怒って自転車をこぐ子供と横殴りの雪
「嫌われ松の子一生」という題名のTBSドラマが放送されていましたが、好きだった人もいらっしゃったと思います。
私はというと、連ドラは見ていなかったのですが、女優の中谷美紀さんの主役でシネマがクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない立場にいながらも、心まで悲観的になりません。
はたからみれば、かわいそうかもしれないけれど夢があります。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
すごく、魅力を感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくるといけない事のように感じる。
などという、よくわからない状態に陥っていた悩みを抱えていた私は松子を見ていると、幸せな気分になりました。
とても、明るい映画なので、一押しです。
主演の、中谷さんは、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、なんでもはまってました。

ラクダ

Copyright (C) 2015 師匠は諦めた夢を見た All Rights Reserved.