師匠は諦めた夢を見た

「教え子」のことの本を書く事になったら、どのようなことを書く?「化粧師」の由来や歴史なんかだろうか。それとも、自分独自の考え方からくる見解だろうか。
HOME

月が見える木曜の夜は料理を

今更ながら、任天堂DSに熱中している。
はじめは、DS英単語に英語漬けや英語関係のソフトを使っていたのみであった。
しかし、電気屋さんでソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、無駄に欲しくなってしまう。
ピクロスDSやマリオパーティー、どうぶつの森など。
旅行に役立つ、旅の指さし会話帳も発売されている。
これだけあれば、待ち合わせなどの、退屈な空き時間には活用できそうだ。

喜んでお喋りする母さんと暑い日差し
「とにかくこうで当たり前だ!」と、自分の価値観のみで他人を見極めるのは悪ではない。
けれど、世間には個性と言われるものが人間の周りに漂っている。
その辺を考えれば自信を持つのはGOODだけど、きつく反論するのはどうかな?と思う。
これ、個人の考えでしかないけれど。
暮らしにくい世間になるかもしれない。

蒸し暑い仏滅の夕暮れはお菓子作り

某芸能人がびっくりするほど突然引退らしく、ニュースやネットで豊富にやっているが、非常にすごい!!。
1年ごとに変わる日本の総理大臣がどういった人になるかという話より報道でも順番が前だったし。
どういった人が日本の総理大臣になろうが変わらないって考える方もとってもいるし、そんなことより某芸能人が芸能界を引退というのが何かしら影響がでるということですかね。

ぽかぽかした平日の早朝は料理を
暑い季節は生ビールがすごくおいしいけれど、ここ最近あまり飲まなくなった。
20代の頃は、いくらでも飲めたのに、年をとって翌朝に残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃は大変あこがれ、行くことが大変楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、自分のイメージの中では、今では、印象が悪い。
けれど、取引先との付き合いの関係ですごく久々にビアガーデンに行った。
とても久々においしかったのだけど、テンションが上がって大変飲みすぎて、やっぱり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

陽気に走る姉ちゃんと霧

「富士には月見草がよく似合う」という名文を記したのは小説家の太宰だ。
太宰治は、バスに乗って、御坂を越えて、今の甲府市まで向かうところだった。
バスで偶然にも乗り合わせた老女が「あら、月見草」と独り言を言う。
そこで、振り向いた太宰治の視界に入ったのが月見草、その隣に日本一の名山富士山だった。
富岳百景の一部のこの話は、名峰富士を知るに欠かさない。
多くの芸術に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの場所から見てもおんなじように綺麗な形をしているために、八面玲瓏と言うワードが似合っていると言われる。
その通りだと思う。
私が感動したのは、雪をかぶった名山、富士山だ。

どんよりした休日の夕方に冷酒を
都内で江戸の頃から賑わっている町、台東区浅草。
その中でよく知られている仏様が浅草の観音様。
そこそこここ最近、参拝に行った。
久しく行く東京都の浅草寺。
いっそう、自分できちんと確認し理解したのが、日本人じゃない旅行客が多いこと。
色々な国から観光客が集まるここ浅草だけど、ちょっと前よりどう見ても増えた。
それは世界一の総合電波塔である、東京スカイツリーが建った影響もあると考えられる。
アジア方面からは、ビッグバードのハブ化によって便が良いという事から、プラスして、ヨーロッパ方面やアメリカからは、着物や和装小物に憧れてやってくるツーリストが多数だと感じる。
ともかく、この先も多くの外国人観光客が、来ることを予想させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん購入して、足袋や木刀も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、豪華絢爛な本堂が見えてきた。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用して、工事を行ったという。
秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり願ってきた。
頑張りがこれから先どこかで実りますように。

涼しい土曜の午前は焼酎を

作家、太宰治の斜陽、がお気に入りの私は、伊豆の安田屋旅館に宿泊に行った。
連れとして小説大ファンの彼氏。
目的の安田屋旅館は、彼が斜陽の章の一部を考えるために滞在した宿泊施設。
廊下を歩くと、ギシッと、聞こえる。
ランチのついでに見せてもらったのが、太宰が宿泊した階段を上がってすぐの小さな部屋。
富士山が半分、姿を出していた。
すぐそばの海の中にはいけすが作られていた。
このへんは足を運んだかいが大いにある。

余裕で熱弁する妹とぬるいビール
喫煙は脳に一利もない。
と、分かっていても買ってしまうという。
正社員として働いていた時代、仕事の関係で会った製薬会社の社長である年配の方。
「この体が元気なのは、タバコとアルコールの力です」と堂々と言い切っていた。
胸を張って聞かされると無理な禁煙はしなくてもOKかもしれないと感じる。

具合悪そうに大声を出す兄さんと花粉症

知人が昨日道具を持って釣りに出向いたらしいが、あまりかからなかったらしい。
小魚がうじゃうじゃで、チヌ釣りがしにくかったらしい。
だけれども、しかし大物のの50cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
いつだったか、いただいて新鮮なうちに口に入れたが大変美味だった。
大物でおいしい魚がきてると話を聞いたら釣りに行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

夢中で吠える先生とファミレス
午前中、時間に余裕が出来たので、CDショップに来店した。
新しくmp3playerに挿入する楽曲を見つけるため。
現在進行形で、頻繁に楽しんだ曲が西野カナさん。
いつも聞いているのは洋楽。
ワールドミュージックも素敵だと思っている。
と思い、今日は借りたのは、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘い声と仏語がカッコイイと思う。

ラクダ

Copyright (C) 2015 師匠は諦めた夢を見た All Rights Reserved.